主婦の債務整理

主婦が夫に内緒で債務整理

 

クレジット会社や、消費者金融からの内緒の借金が、

膨れ上がって、どうにもならなくなってしまったら

 

 

それでもまだ、その場しのぎの借金を繰り返そうとしていませんか?

 

でも、このままではいずれ必ずパンクしてしまいます。

 

頭の中はいつも借金のことばかり・・・。
逃げ出したい、でも逃げ出せない。

 

もし今、貴方がこんな状態に陥っていたら・・・

 

ご主人に気付かれる前に、その借金を整理してしまいませんか?

 

債務整理は、あなたが思っているほど難しいものではありません。落ち着いて、よく考えてみてくださいね。

 

 

大丈夫。あなたと同じような状態だった多くの人が、債務整理で借金地獄から救われています。

 

もうあなたは十分苦しんだのですから、もう、ご自分を許してあげてくださいね。

 

 

決して債務整理は難しくありません

 

債務整理のイメージって、何だか とても難しく感じてしまいますよね?

 

でも実際は、困っている人を救済するためのものなので、皆さんが思っている程ハードルは高くありません。

 

 

多くの方が、債務整理を始める際に気になっていることと、その実際についてまとめてみました。

 

 

家の方や勤め先だけには借金がばれてしまうと困る

ご主人はもちろん他の家族にも勤め先や親類友人まで、誰にも気づかれることなく借金整理を行うことも可能です。

 

夫に内緒で債務整理できる?

 

債務整理したいが、今、お金を用立てることができない

債務整理を依頼する場合の支払いは月割りで支払うことがさらにその支払い方も楽に支払えるように考慮してくれます。

 

依頼されるほとんどの方が手持ちのお金がない中で債務整理をスタートさせていますのでご安心ください。

 

債務整理費用を心配されている方に

 

債務整理をお願いする料金が高すぎる

債務整理をする費用と、今後もずっと払っていく利息の額を計算して比べてみてください。

 

債務整理をした方がどれだけ安く上げることができるか、答えを出すのにそう時間はいりませんよね。

 

債権者(サラ金 等)から脅されそうで嫌だ。(こじれるような事になったら嫌だ)

債務整理がスタートすると、消費者金融などの貸金業者は、債務整理を宣言した人(債務者)に直に連絡する行為が法律上禁じられています。

 

同時に、全てについて債権者が契約を結んだ弁護士または司法書士が代理人となり、貸金業者と話し合いを行ってくれるので、あなたが直接債権者と話し合うことはないので安心してください。

 

まず起こることはありませんが、万一債権者が債務者に対してクレームを入れてくるようなことがあったとしても、あなたの代理人となっている法律家がきちんと対応してくれます。

 

相談員は怖い人かもしれないと思うと腰が引けてしまう

まず、債務整理のネット相談を行っている法律事務所の弁護士などには、借金地獄でもがいているあなたに対してお説教などを言うような人はいません。

 

貴方の身になって解決策を考えてくれるので、安心して相談してみることをお勧めします。

 

女性の相談員が対応してくれる女性専用の窓口をご紹介中!

 

ギャンブルや浪費が原因の債務でも整理することはできる?

任意整理と民事再生については、賭け事や浪費による借金でも、債務整理することはできますが、自己破産においては認めてもらうことができませんのでご注意ください。

 

原因がギャンブルなどでも債務整理ができる任意整理、または個人再生で相談する場合でも、借金の原因は正直に相談員に告げるようにしましょう。

 

そうすることによって、全容がはっきりするので、相談者にとって最も適した債務整理を考えてもらえます。

 

家族の現状などにはまったく不都合はない?

債務整理は、債務者一個人の問題だすから、家族の生活には何も問題ありません。

 

家族が持っているクレジットカードや携帯が使えなくなるとか、会社や学校などに知られるなどといったことは全くないので安心してください。

 

以上のように、あなたの債務整理の有無に係わることなくご家族はこれから先も変わりなく暮らすことができます。

 

債務整理をするには財産を処分しなければいけない?

多くの人は、財産を損なうことなく債務整理によって借金生活から解放されています。

 

とは言え、自己破産や個人再生を選択すると、私財処分が必要になってしまうケースもあります。

 

但し、何が何でも自己破産や個人再生でなくては債務整理ができないという場合を除いては、それ以外の方法で財産を守れるよう検討することも可能です。

 

まずは、専門家に相談して私産を失うことのない方法を授けてもらい、少しでも早いうちに借金の整理を検討してください。

 

専業主婦でも債務整理をしてもらえますか?

専業主婦であっても任意整理と自己破産については可能です。

 

しかし、個人再生については「継続して収入を得る見込みがある方」ということが前提にあるので、残念ながら債務者本人が収入を得ていない状態の主婦を専業とする方が行うことはできません。

 

女性専門の債務整理ご紹介

 

無料相談を受けてみる

 

女性スタッフ

女性スタッフが丁寧に対応してくれる借金問題の法律事務所があるのをご存知ですか?

 

同じ女性の立場に立ってあなたをサポートしてくれるので、相談もしやすく丁寧にその相談にのってもらえます。

 

まずは誰にも言えなかった、あなたの借金の悩みをそっと打ち明けてみてください。

 

※1)インターネット、メール、携帯電話などで全国対応しています。
2)ここでの費用比較は、債務整理の中で多くの方が行っている任意整理の場合の費用を表示しています。

 

アヴァンスレディース
アヴァンスレディース

全国対応
1〜2件の少数借り入れ件数にも対応!

 

TVでもおなじみのアヴァンス法務事務局の女性専用サービスです。
報酬の計算がすべての費用込みの為、費用計算が事前にわかりやすくなっています。
・相談:無料 
・着手金:なし
・費用分割:可

 

※「Web進行状況紹介」で、電話やメールで問い合わせすることなく、ネットでリアルタイムの進行状況がわかります。

基本報酬 減額報酬 過払い報酬

債権者1社ごとに
(諸報酬一括)
1社〜3社:50,000円
4社〜5社:40,000円
6社以上:20,000円
(それぞれ税込)

 

事務手数料:債権者数×1万円

 

※例
債権者1件の場合は5万円
債権者3件の場合は5万円×3社で15万円
債権者6社の場合は2万円×6社で12万円

 

プラス、各債権者数×事務手数料(1万円)

なし 過払い額の16%〜18%

 

 

 

債務レディー
債務LADY

全国対応
新大阪法務司法書士事務所の運営する、完全に女性に特化した債務整理サービスです。
・相談:無料 
・着手金:なし
・費用分割:可

1社あたりの基本報酬 減額報酬 過払い報酬
20,000円(税別) 減額された額の10%

   (最低20,000円)

過払い額の20%

 

 

 

 

任意整理で借金解決

 

債務整理というと、多くの方は個人破産をイメージしてしまうようですが、それは本当に最後の手段です。

 

まだそのほかにも方法はありますが、債務整理の中でも比較的簡易に行えるものは任意整理ではないでしょうか。

 

任意整理以外に、特定調停や個人再生といった方法もあります。

 

しかし、特定調停は弁護士や司法書士を介さず、裁判所に仲介になってもらい自分で債権者と和解交渉をしなければなりません。

 

 

ただでさえ素人ではわかりずらい司法の事柄や、煩雑な手続き、そして直に債権者と渡り合輪なければならないとなると、かなりハードルが高くなります。

 

また、個人再生の場合は、本人が収入を得ていない専業主婦では個人再生をうけられる対象になれません。
※詳細は、当サイトの主婦の民事(個人)再生を参照してください。 

 

その点任意整理なら、以上の2つの債務整理よりも縛りもハードルも下がるばかりか、家族や勤め先にも知られることなく借金を整理することも可能です。

 

 

もちろん借入金の額にもよりますが、よほどの借入金額でない限り任意整理は可能だと思いますので、思い切って専門家に相談してみてください。

 

最近では女性専用の債務整理の窓口があり、受付から相談、履行まで女性が行ってくれます。

 

気軽にと言ったらなんですが、悩みを聞いてもらう感じで相談してみてください。

 

相談は無料で行ってくれ、貴女の現状をしっかりその相談員に伝えれば、最良の方法で借金問題から貴女を救い出してくれるはずです。

 

また、同時に過払い金の返還も期待できますよ。

 

どうも、弁護士や司法書士といったお堅い肩書きを見ると腰が引けてしまいそうになりますが、それらの専門家の人たちは貴女を救うために親身になって相談を行ってくれます。

 

けっして怖いことはありませんので安心してくださいね。

 

 

一人で悩んでいても借金は膨れるばかりで解決はできません。借金のなかったあの頃に、一日も早く戻ってくださいね。

 

任意整理ってどんな方法?

 

任意整理とは自己破産とは違い、借金が0になるという借金整理の方法ではありません。

 

簡単に言うと、借り入れた元金の現在残っている金額は、今まで通り返済していき、金利だけカットしてもという方法です。

 

なんだ、金利がなくなるだけかと軽視しないでください。

 

今まで、返済しても返済しても一向に減らなかった元金が、面白いように減っていきます。

 

また、もし過払い金が発生しているようなら、その金額を差し引いて返済していくので、さらに返済は楽になります。

 

 

返済が楽になるばかりではありません。債務整理を専門家に依頼すると、債権者は債務者との連絡が直接できなくなります。

 

すべて仲裁に入っている弁護士や司法書士を介さなければならないと、法によって定められているため、債権者からの嫌がらせや督促の電話なども一切心配することはありません。

 

たとえば、現在すでに督促の電話がかかっている場合でも、専門家があなたからの依頼を受諾したことを債権者に伝えれば、その電話もぴたりと止まってしまいます。

 

 

まずは、専門家に相談してみてください。

 

法律事務所比較>>チェックする

 

債務整理アラカルト

 

債務整理の手続き

弁護士や司法書士に依頼をして債務整理の手続きを行う場合は、まず最初に受任通知を債権者宛に送付することになります。この通知は、債務者から債務整理の手続きを依頼されたことを債権者に知らせる目的があります。また受任通知を送付すれば、それ以降の取立や返済をストップさせることが出来ます。受任通知送付後の手続きの流れは債務整理の方法によって異なります。任意整理の場合は取引履歴を取り寄せてから、債権者と交渉することになります。交渉が成立すれば合意書を作成して、その後の返済を進めて行くことになります。
個人再生の場合は、まず申請書類を作成することから始めます。その後再生計画案を作成して、認可されるか否かの決定が下されます。
自己破産の場合も申請書類を作成・提出することから始めて、裁判官との面談を経て、免責の可否が決定されます。
債務整理の手続きに必要な書類は、身分証明書や融資の契約書、借入の明細、また不動産を持っている場合は謄本、生命保険に加入している場合は証書などが必要となります。手続きに必要な費用に関しては、弁護士に支払う報酬の他にも、予納金や申立費用、印紙代などが必要となります。

 

過払い金

過払い金とは、利息制限法に定められているよりも多くの利息を払ってた場合の払いすぎた利息金額のことを指します。その多く払った利息の合計金額は、金利の引き直し計算を使って算出し、債権者から取り戻すことができます。
もし、その計算から算出された金額が、現在残っている借金の元本よりも多かった場合には、もちろんその借金の元本は全て消滅し、さらにそれを差し引いてもなお残っている額は債務者に返還されます。また、元本より少なかった場合には、元本からその過払い額を相殺して、残った金額分がその時点での借金総額となります。

 

 

キャッシング
キャッシングを使いすぎて、多重債務状態になってしまわないためには、注意すべき点がいくつか存在しています。日ごろから、クレジットカードやキャッシングを使用した時は、その利用額を把握して忘れないようにする事が大切です。大体このくらいの金額だったら返済できるだろうというアバウトな認識でカードを使うことが、多重債務者には多いと言われています。キャッシングをした後の返済額に対してよく考えず、わりと大雑把にしか考えていない人がほとんどです。
1回1回の利用額がさほど多くない場合でも、何回も繰り返し融資を受けていると、トータルの金額は高額になってしまいます。そんな状況を甘く考えて、キャッシングを重ねれば、多重債務になってしまいます。
多重債務を避けるには、キャッシングを使う都度に、現在の借入金額と、いつ、いくらずつの返済が発生する予定になっているかを記録しておくことがポイントになります。買い物をする時に、本当にそれが今必要な物かどうか、また、もう少しお金を貯めてからでもよいものではないかなど、一度借り入れについて考える習慣をつけるようにしましょう。クレジットカードの支払い方法の一つとしてリボルビング払いがありますが、高いものを買った時にリボ払いに設定していると、いつまでたっても返済が終了しないということもありますので要注意です。
できる事なら、リボルビング払いはしないようにして、早く返済を終わらせることを考えるべきです。キャッシングを利用する時には、多重債務状態に陥らないように、よく考えて、無理なく融資を受けるようにしましょう。

 

悪質な手口
この頃は、キャッシングで多重債務になった人をターゲットに詐欺事件がよく発生しています。多重債務者を対象とした詐欺とは、借りたお金を早く返済したい、利息を安くしたいという気持ちを逆手にとって、お金を搾取するという悪質な手口です。一刻も早く全額返済をしてしまい、あるいは少しでも返済をして、今の状況から楽になりたいと思うことは、多重債務であれば当たり前です。多重債務者の弱みにつけこんで、債務をまとめることにより早く返済が終了するので、新しくお金を借りませんかという誘い文句で勧誘してきます。現在よりも低い金利での融資をするので、そのお金で、今借りているキャッシングは全て返済してしまえばいいという言い方をします。
そういう人達の間には多重債務のリストなどがあり、多重債務状態で困っていることをわかった上で、話を持ちかけてくるところもあるようです。ダイレクトメールや、ファックスを利用して、有名どころの金融会社の名前を騙ってくるところもあります。連絡先はある場合には、そこに電話をすると、大手の金融会社と提携しているようなことを説明して、安心させる手口です。
相手に融資を受けさせるために、期日内の返済をした実績があれば、以後の融資がしやすくなると言ったりします。キャッシングを一本化するために、新しくお金を借りて、そのお金の郵送を指定します。実際にお金をその通りに郵送してまうと、その会社と連絡が取れなくなってしまいます。結果として新たにキャッシングした借金だけが残るのです。現状から脱却するために行ったことであるはずなのに、結果的に返済しなければならないお金がふえています。困っている時に、言葉巧みに言い寄ってくる詐欺師はどこにいるかわかりませんので、多重債務状態の時は一層の用心が必要です。

 

ご主人に内緒
主婦が任意整理などの債務整理を行う場合、ご主人に内緒で債務整理を行う時に注意点がいくつかあります。それは、債務整理を依頼する弁護士や司法書士にその旨伝えてあるかどうかという点です。どうしても秘密裏に債務整理を行いたいなら、しっかり伝えておかないと、家電などに弁護士などから連絡の電話が入ってしまって、それをご主人が受けてしまったり、郵送された債務整理に関する資料などがご主人に見られてしまったりといったことが起これば、すぐに債務整理を行っていることがわかってしまします。通常は外に仕事に行かれているご主人より、家にいることが多い主婦の方なら、そのような心配も少ないかもしれませんが、結構隠し事をしているときには、予期せぬタイミングでそのようなことが発覚してしまいます。債務整理関係の書類の受け渡しは、直接依頼した法律事務所などに出向いて受け取りをするか、発送する際に前もって連絡をもらうなどと打ち合わせをしておく必要もあるでしょう。連絡も必ず、自分の携帯に直接してもらうことをお願いしておきましょう。主婦の場合には、パートなどで自分で管理できる収入が多少でもあればいいですが、専業主婦の場合でも自9文で動かせるお金は毎月の返済分くらいはきちんと用意しておきましょう。せっかく債務整理で、返済が楽になったとしても、その返済が滞ろようだと、債務整理自体が頓挫してしまいます。
専業主婦の場合は、任意整理や自己破産はできますが、個人再生などは行えません。

 

ブラックリスト
お金が必要に時に借り入れが可能なキャッシングはとても便利ですが、何らかの事情で返済を滞らせると、ブラックリストに名前が載ってしまいます。どんなことをしたかにもよりますが、ブラックリストに名前が入ると、以後5年は新規のローンやキャッシングが組めなくなります。
ブラックになってしまった場合、新たな借り入れを求めて様々な会社の審査を受けれらる人も多いようです。新規の融資先を探しても、ブラックリストに入っていることがわかれば、ヤミ金融くらいしかお金を貸すところはありません。返済が難しい場合はそのまま放置しておくことは絶対にしてはなりません。返済が難しくなった時に、1人で延々と困っていても、状況は悪化するばかりで、いいことは全くありません。
とにかく、返済が困難になり始めた段階で、新たな融資先を探すのではなく、債務整理を行い、現在の収入でその返済をしていくことを第一に考えるのが明るい将来への道につながるといえるでしょう。ブラックリストに掲載されたからといって、新たな借金ができないといったこと以外には、通常の生活で大きな支障はありませんので、そのことを恐れず、前向きに借金の整理を考えてください。

 

 

法律事務所比較>>チェックする