主婦の任意整理

主婦の自己破産

 

借入金が高額だったり、返済金が滞る恐れがあるなどと、任意整理では解決がつかない主婦の場合、最終的には自己破産を行うことになります。

 

一部の条件が揃えば、民事(個人)再生という方法もありますが、主婦にとってはちょっとハードルが高いかもしれません。いずれにせよ専門家によく相談することをおすすめします。

 

相談のうえ、自己破産を行うとなった場合には、裁判所に「破産申し立て」を提出してお伺いを立てることになります。この申し立てが通ると現在の借金は0ということになります。

 

支払不能とみなされるので、負債の額や現在の収入、資産などの状況をみて総合的に判断されます。

 

そのため生活していくのに必用不可欠といった電化製品やや家具などは処分の対象にはなりませんが、自己所有している自宅や、20万を超えて処分できるような高額な財産は処分の対象になります。
それ以外にも、車や株、生命保険、退職金なども対象になる場合があります。

 

また、信用機関のブラックリストに登録されてしまうので、5〜7年間は新たな借金やクレジットカードなどを作ることは制限されてしまいます。

 

戸籍や住民票に記載されることはありませんが、官報には記載されてしまいます。とはいえ、官報をいつもチェックしている人は、一般の人ではまずいないので、ここはそう気にすることではないかもしれません。

 

自己破産の費用としては概ね25万円程度がかかるようです。(依頼先により違いがあります)

 

自己破産も内緒でできる?

 

ご主人に内緒で自己破産するのは至難の技。それでも、中には家族にも知られずに自己破産してしまったという主婦もいるようです。

 

色々な手続きなどがあるので確実性はかなり下がると思いますが、実際にできたという人がいるので、一応専門家に相談してみる価値はありそうです。

 

↓債務LADY無料相談↓
債務LADY