主婦の債務整理

債務整理の費用がない

 

お金がないのは承知の上

 

 

法律事務所では、何かの問題解決の相談にもお金がかかります。通常の相談であれば、30分で5,000円程度かかります。

 

しかし、債務整理の無料相談を掲げている法律事務所では、こと債務整理の相談に限っては特別に無料で行ってくれます。

 

何しろ返済に行き詰ってしまっていて、手許にお金の無い方の相談に乗るわけですから、たとえ5,000円でもきついのは重々承知しています。

 

そんな状態の依頼者が、債務整理を行うお金など持っているわけがありません。

 

そこで、その人たちを救うために多くの法律事務所では、以下のような方法を取ってくれます。

 

 

大まかな流れ

相談料

相談はモチロン無料です。多くの場合、納得いくまで何度でも無料で行ってくれます。

 

支払方法

債務整理の依頼を受けてから分割で行われます。

 

支払い開始

受任通知を債権者に送ります。
その時点で、全ての返済がストップしますので、その後から支払いが開始されます。
(応、相談)

 

支払終了

和解が成立して、債権者に返済が始まる前までに支払完了。

 

以上のような流れで支払いを行っていきますが、それぞれについてもう少し具体的にいご説明いたします。

 

債務整理の和解交渉の間に

 

返済がストップしている間に

 

 

ポイントの2〜4までがわかりづらいと思いますので補足いたします。

 

債務整理を依頼すると、弁護士や司法書士(以後専門家と称します)は債権者(貴女にお金を貸してくれているところ)に対して、債務者(貴女)から債務整理の依頼を受けたことを連絡します。

 

この連絡を受任通知といいます。

 

その受任通知が債権者に届くと、すぐに返済および利息の支払いがすべて一時的にストップされます。これは法によって定められている措置なので、債権者は必ず守らなくてはなりません。

 

返済がストップする期間は、債権者と債務者の代理人になっている専門家との間で和解が成立するまでの期間で、おおむね半年前後かかります。

 

※和解とは、債権者と債務者(代理人)との間で行われる交渉の結果、債務者が出した条件を債権者が承諾してくれたことをいいます。

 

 

手付金なしの分割支払い

 

 

そして、この債権者への返済が一銭も生じないその期間に債務整理費用の支払いを分割で開始するというところがポイント3の部分に当たります。

 

通常であれば毎月返済しなくてはならないものがストップしているので、分割してしまった費用を支払うのはそれほど重荷になるものではないと思われます。

 

ほとんどの場合は、通常返済していた金額を下回っていますので。そのため、債務整理を依頼するときには手許にお金がなかった多くの方も、ポイント4までには皆さんが問題なく支払いを完了しています。

 

 

 

 

 

関連ページ

夫に秘密で債務整理できる?
夫に内緒でしてしまった借金を秘密で債務整理した。という主婦の方はたくさんいらっしゃいます。旦那様に内緒で債務整理する一番いい方法は?
債務整理相談
いざ債務整理の相談をしようと思っても、弁護士とか司法書士といったお堅い職業の人にいきなり相談するのは腰が引けてしまうという方も多いかもしれませんが・・・。